tenshi04.gifユニバーサル・スタジオ・ジャパンTMの最新情報、お得情報はこちらから

2006年05月07日

デュエリスト <画面は綺麗なんだけど、な映画

カン・ドンウォンてこんなに美しかったのか、と思いました。
最初の般若みたいな面に覗く瞳とか、よかったですねー。

でも、魅せすぎの見せ過ぎという感じでしょうか、途中からはもういいよっていうような気分になってしまいました。

かわいいハ・ジウォンに不必要に変な顔させるのもちょっとヤだった。

ミュージックビデオだったらとてもステキなんだろうけれど、
あの立ち回りは踊りにしか見えなくてリアリティに欠けていたし、決めポーズもキメすぎてて、キメてる間に斬っちゃいたい!と思ってしまいました。

画面はどこを切っても美しくて、人が斬られて血が出たりするリアルなシーンがないので、環境映像的にはビューティフルだったと思います。



posted by みき at 22:58| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画見てきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろ彷徨ってたらたどりつきました^^;
カン・ドンウォンって、かっこいいですよね。
私いろいろ集めてみましたよ♪
Posted by カン・ドンウォンファン at 2006年05月08日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。